prev
15646
page-template-default,page,page-id-15646,bridge-core-3.0.2,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-28.8,qode-theme-bridge,transparent_content,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-6.9.0,vc_responsive,elementor-default,elementor-kit-8

アンリオン日本橋絵画教室

石創りギャラリーの上にあるENRIEN ATELIER

発見と感動がある 日本橋アトリエ

油彩画

粘性、乾くまでの時間、その特性を生かして考えつつイメージを更新。フェルメールと出逢う、三越前の油絵教室。

水彩画

すがすがしく透明感、水面に描くような潤いと空気感。幼少期の懐かしい想い出。ターナーと出逢う、日本橋水彩画教室。

パステル画

優しく、暖かみのある風合い、古くからの絵画の基礎画材。エドガード・ドガと出逢う、三越前のパステル画教室。

日本画

描こうとする対象物とよく観察し、自身らしさが表れるまで構想をねります。若冲と出逢う、日本橋日本画教室。

デッサン

描く前に、被写体をしっかり観察することより、創作は始まります。ミケランジェロと出逢う日本橋絵画教室。

テンペラ画

全ての物事は歴史より学んできました。絵画教室においても同様です。ボッティチェリと出逢う、三越前のテンペラ画教室。

ボタニカルアート

世の中に写真がない頃、人々は花の詳細を記録し研究しました。植物研究者と出逢う、日本橋ボタニカル教室

水墨画

玄の中に五彩を有する墨、筆により紙面に現れた水墨の表情を楽しみます。雪舟と出逢う、三越前の水墨画教室。

受講料金

受講回数/月2回のみ 受講料金/8800円消費税込
入会金、初期費用はありません。
受講日/第2週、第4週。固定制です。
受講時間/10―13 14―17 18−21
受講料の自動引き落とし手続きをすませて受講は始まります。

見学申込

見学・入会は下記の申し込みフォームより

創造する力と感性が高まる空間にて講師とアートを語る時間。

濱谷 聖 講師
SATORU HAMAYA

多摩美術大学美術学部絵画学科油画科卒業後、西洋の古典技法の取得を志、イタリア・トスカーナに赴き、テンペラ画を習得。イタリア・フィレンツェへ留学し公認絵画修復士資格取得。日本橋絵画教室にて絵画の教育に従事し、美術団体「七草會」創設に参加し運営理事を務める。

田代 彩 講師
AYA TASHIRO

東京藝術大学美術学部絵画科日本画卒業、東京藝術大学美術研究科修士課程修了後、日本画の創作活動に力を注ぎ、日本橋絵画教室にて絵画の教育に従事し、美術団体「七草會」創設に参加し運営理事を務める。

二階堂 誠 講師
MAKOTO NIKAIDO

東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻学部卒業後、芸大美大専任受験講師、アートオークション業界に従事し現在、アンリオン 日本橋絵画教室にて絵画の教育に従事。美術団体「七草會」創設に参加し運営理事を務める。

岡野 正子 講師
MASAKO OKANO

武蔵野美術大学卒業後、デザインの制作、仏画の研究など、アドバタイジングに関すデザイナーと作家活動を共に行い現在、日本橋絵画教室にて絵画の教育に従事。美術団体「七草會」に参加する。

高嶋 英男 講師
HIDEO TAKASHIMA

多摩美術大学造形表現学部造形学科日本画専攻卒業、東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了後、日本橋絵画教室にて絵画の教育に従事。美術団体「七草會」に参加する。

アイビー リンウェイ 講師
IVY LIN WEI

国立台湾芸術大学 書画芸術学部卒 国立台中教育大学 美術研究所修士
Certificate of Art and Anatomy course, Ruskin School of Art, University of Oxford東京外国語大学大学院 総合国際学研究科国際社会専攻博士後期課程卒業後、日本橋絵画教室にて絵画の教育に従事。美術団体「七草會」に参加する。

IMG_6063ch

TAROHEI BLDG. TOKYO

建物正面の銅板にフランドル語にて刻まれた言葉「VOORTDRENDE-UWING VAN DE TRADITIES, DEKULTUUR EN DE GEEST VAN HET VERLEDEN.」

「古来よりの伝統、文化、精神は永遠に新しく生まれ変わる」と記される。

「LA TOURELLE」ラ・トウーレルの建造は、1993年に芸術の振興と更新に寄与を目的に、京都にて寛永3年より木版の出版業を生業とした旧家の当主により、東京の日本橋とベルギーの古都ブリュッセルに拠点となるギャラリーとして建造された。その日本橋を、当社太郎平は「LA TOURELLE 」の精神を「ENRIEN ATELERIE」と称して受け継ぐ。